結婚式を盛大にお祝いしよう【みんなが幸せになる特別なひととき】

観葉植物

注意したこと

祝い金の金額について

出産内祝いというのは、そもそも親族や住居の周辺家族に対してのお礼(妊娠中の感謝を込めて)として渡すものになっています。自分にいただいた幸せを分けるという意味にもなっています。 最近ではこの出産内祝い自体が親族のみや友人関係を含めたものに凝縮されているようになっているのが習わしになっています。 どのようにお祝いするのかというと、基本的にはお宮参りといって産後一か月ごろに行う儀式の時に行いますが、最近ではそれが早まっており出産した直後からになっています。金額としても人によって異なりますが、大体1万円前後ぐらいが相場になってきており、いただけるタイミングも変わってきますし、出会ってから渡すという方もいるので必ずこれだということではないことを認識しておく必要があるので覚えておきましょう。

お祝い返しをするタイミングは

先程、出産内祝いをもらうタイミングについて説明しましたが、お返しするタイミングも早まっています。出産してから一か月前後ぐらいにお返しするということになります。 出産祝いのお返しの相場としては3分の1から2分の1ぐらいの金額をお返しするということになっています。出産内祝いをいただく人によって異なりますが、全ての人に返す必要はないということも大事です。物でいただいた場合などは金額相場が分かりにくいものもありますので、小さなお菓子セットにしたりなど工夫が必要になります。 ほとんどの方はお菓子などの食べれるものをお返しとして返しますが、親族に対してはカタログギフトなどが主流になってきており、喜ばれると人気になっていますのでご参考にしてください。